読み込み中...

Bluesky Frame Rate Converter

Top
【概要】
GPUを利用したフレームレート変換用のDirectShowフィルタで以下の様な特徴があります。
  • AMD Fluid Motion Videoに対応※1
  • 中間フレームを生成し、24pを60pに、30pを60pに変換※2
  • DXVAデコーダに対応
  • ※1 Radeon HD 7000シリーズ以降のdGPUおよびKaveri以降のAPUに対応(GCN世代のGPUに対応)
  • ※2 可変フレームレート対応
【動作環境】
【種類】
フリーウェア(寄付歓迎)
【使用方法】
本ソフトウェアは使用許諾契約に同意した方のみインストールして使用する事が出来ます。

ファイルは予めチェックを行い安全である事を確認しています。もし、お使いのセキュリティソフトで誤検出された場合は除外設定を行って下さい。

  • インストール
    セットアップを実行し、後はインストーラの指示に従って下さい。 アップデート時はアンインストールせずにセットアップを実行して下さい。

    ZIP版をダウンロードした場合は適当な場所にZIPファイルを展開して下さい。

  • アンインストール
    セットアップを実行した場合はWindowsのアンインストール機能からか、 インストール先にある「unins000.exe」を実行して下さい。

    ZIP版を展開した場合はメインメニューにある「設定ファイルを削除」をクリックしてから全てのファイルを削除して下さい。

  • セットアップ
    「Radeon 設定」または「Radeon ソフトウェア」上でAMD Fluid Motion Videoを有効化し、BlueskyFRC Utilityを起動して使用するGPUを選択した後、「レート変換」で対象フレームレートのチェックをオンにして下さい。 設定が完了したらプレイヤーで「Bluesky Frame Rate Converter」を利用する様に設定して下さい。
  • AMD Fluid Motion Video を有効化する方法
    「Radeon 設定」/「Radeon ソフトウェア」またはBluskyFRC UtilityでディスプレイドライバのAMD Fluid Motion Video機能を有効化する方法の説明です。
  • プレイヤーについて
    DirectShowに対応したプレイヤーでBluesky Frame Rate Converterを使用する様に設定して下さい。一部のプレイヤーについては以下のリンク先で設定方法を説明しています。
  • AFM モードについて
    • 自動:デフォルト設定でモード1かモード2で動作するかはGPUに依存します
    • モード 1:24p変換時にフレームの生成パターンがオリジナル2、中間3になります
    • モード 2:24p変換時にフレームの生成パターンがオリジナル1、中間4になります
  • DXVAデコードについて
    LAV Video Decoderでは「Hardware Decoder to use」を「DXVA2 (native)」に設定して下さい。 BlueskyFRCとLAV Video Decoderが同じGPUを使用している場合、この設定を「DXVA2 (copy-back)」にする意味はありません。
  • Zero-Copyモードの動作条件
    • ビデオプレイヤーがEnhanced Video RendererまたはmadVRを使用している事
    • レンダラとBlueskyFRCが同じGPUを使用している事

    これらの条件が満たされなかった場合はBlueskyFRC自体が使用されなくなります。

  • ビデオ品質フィルタ設定について
    Radeon GPUで利用可能な以下のフィルタの設定が行えます。
    • シャープネスフィルタ(エッジ強調・ディテール強調・超解像)
    • ノイズフィルタ(時間軸ノイズ除去・動き補償時間軸ノイズ除去)
    • モスキートノイズ除去
    • 輪郭矯正解除
    • ダイナミックコントラスト(非適応・コンテンツ適応)
    • 色フィルタ(色の振動・色の拡張)

    GPUが対応していない場合は、設定を「有効」にしても実際には効かないか、別の対応しているモードで動作する場合があります。

    利用していない機能については「無効」に設定して下さい。例えば、Radeon設定上で「カスタム色相/彩度」を「オフ」にしていれば「ダイナミックコントラスト」と「色フィルタ」は「ビデオ品質フィルタ設定」上の設定に関わらず効きませんが、この様な場合でもそれらを明示的に「無効」に設定して下さい。

  • デコード設定について
    プレイヤーで外部フィルタとしてBlueskyFRCを指定出来、実際に利用されている場合はこの設定を変更する必要はありませんが、 以下のケースで設定を変更する事で利用可能になる場合があります。
    • 外部フィルタの指定がデコーダに対してのみ有効な場合
      「外部デコーダを利用したデコード機能を有効にする」のチェックをオンにし、外部デコーダとして利用するデコーダを指定して下さい。
    • 任意の外部フィルタの指定は不可能だが、特定のデコーダ(「LAV Video Decoder」または「MPC Video Decoder」)を指定可能な場合
      「外部デコーダを利用したデコード機能を有効にする」のチェックをオンにし、外部デコーダとして利用するデコーダを指定し、 さらに「グローバルモードを有効にする」のチェックをオンにしてからプレイヤーを起動し、プレイヤーの設定でここで選択したデコーダを指定して下さい。

      ただし、この場合は選択したデコーダを利用する全てのアプリケーションがBlueskyFRCをロードする事になるので注意して下さい。

  • 状態
    BlueskyFRCフィルタの現在の状態が表示されます。
【更新内容】
Version 2.15.8 (2020/05/17)
  • 細かな修正
Version 2.15.7 (2020/05/16)
  • 特定の30pコンテンツで遅延のためフレームレートが低下する場合があったのを改善
Version 2.15.6 (2020/04/05)
  • madVRで無効領域が表示される場合があったのを修正
Version 2.15.5 (2020/03/30)
  • 特定のフィルタと接続した際に正常に再生されない不具合を修正
  • 細かな変更
Version 2.15.4 (2020/03/04)
  • MPC-BEとMPC Video DecoderでDXVAデコード有効時に無効領域が表示される場合があったのを修正
Version 2.15.3
  • 外部デコーダを利用したデコード機能を有効にするとPotPlayer終了時もしくはファイルを再度開いた際にエラーが発生する不具合を修正
Version 2.15.2
  • 10bitコンテンツ再生時に正しくないフレームが表示される場合があった不具合を修正
  • 外部デコーダを利用したデコード機能を有効にするとプレイヤーがクラッシュする不具合を修正
Version 2.15.1
  • Version 2.15.0でHDRコンテンツが正常に再生されなくなる場合があった不具合を修正
Version 2.15.0
  • Adrenalin Edition 18.4.1以降、10bitコンテンツ再生時に色がおかしくなる問題を解消
  • 細かな改善と変更
Version 2.14.2
  • 「AFM を有効にする」を「AMD Fluid Motin Video を有効にする」に変更し、GPU設定に移動
  • 細かな変更
Version 2.14.1
  • 「AFM を有効にする」設定がグレーアウトする場合があった不具合を修正
Version 2.14.0
  • BlueskyFRCUtilityでAMD Fluid Motion Videoを有効化出来る様にした
  • ハイブリッドグラフィックス(スイッチャブルグラフィックス)システムで「Radeon 設定」に「ビデオ」設定が表示されない場合でも30p変換を利用出来る様にした
履歴
【寄付】
Bluesky Frame Rate Converter は無料で使用する事が出来ますが、寄付も歓迎しています。寄付は以下の方法で行えます。
  • 銀行振込
    「メールアドレス」欄に連絡用のアドレスを入力して送信して下さい。折り返し振込先の銀行口座をお知らせします。
  • Amazon ギフト券
    「金額」欄に寄付していただける金額を入力、「受取人」欄に「bluesky@bluesky-soft.com」と入力(コピー&ペーストする際は、@が全角になっているので半角に変更して下さい)、必要に応じて「贈り主」欄を書き換えて「今すぐ購入」をクリックして下さい。
【ダウンロード】

© 2006-2020 Bluesky
コンテンツの転載・再配布を禁止します。