読み込み中...

IGD Utility 更新履歴

Version 1.0.0.0
  • 一般公開
Version 1.0.1.0
  • 起動時の処理内容を最適化し、起動に要する時間を短縮
  • 起動時に行っていたポートマッピング状態の取得を必要時に行う様に変更
  • WAN側情報のDSLLinkInfoが正常に表示されない可能性があった不具合を修正
  • LAN側情報が重複登録されてしまう不具合を修正
  • 一度に大量のポートマッピングを行う際に表示される問い合わせダイアログの登録数が間違って表示される不具合を修正
  • その他、細かな変更
Version 1.0.1.1
  • ConnectionTypeの表示が一部欠けていたのを修正
  • 無効なTargetIPAddressが指定された場合に強制終了してしまう場合があったのを修正
Version 1.0.2.0
  • DocumentURLの動作をポインタ下のリストが選択状態となる様にし、クリックするとブラウザで開く様に変更
  • LANHostConfigManagementをサポートしているルータを利用している場合にエラーが発生する不具合を修正
  • Yahoo!BB用モデムで実行できるActionの内、X_getPortInfo、X_getChannelInfo、X_getInterfaceInfoの応答内容を変数名で表示すると意味をなさないので引数名で表示する様に変更
  • ActionTabのレイアウトを変更
  • Argumentに表示する内容を引数名から変数名に変更し、Argumentのラベル表記を削除
  • ActionName選択時に送信されていたActionについては問い合わせダイアログを表示する様に変更
  • ActionName選択時に入力変数があるActionでもあらかじめ出力変数名を表示する様に変更
  • Actionがエラーとなった場合のエラー内容をダイアログで表示する様に変更
  • 入力変数がある場合の設定値の登録とActionの送信をContextMenuから行う様に変更
  • 入力変数のデータ型がui2又はui4の場合にそれ以外の値を登録しようとした時は警告ダイアログを表示する様に変更
  • その他、細かな変更
Version 1.1.0.0
  • 接続ログ(日時、接続状態、IPアドレス、回線速度)を表示、保存する機能を追加
  • 最小化時にタクスバーには表示せず、通知領域にアイコンを表示する様に変更
  • 接続状態とパケット転送状態を通知領域のアイコンで表示する機能を追加
  • 接続状態変化時にバルーンヘルプで通知する機能を追加(WindowsXPのみ)
  • 「起動時に表示するタブ」及び「最小化状態で起動」の設定項目を追加
  • ルータとの接続が再起動等によって切れた場合に強制終了していたのを継続動作する様に変更
  • DocumentURL上にあるポインタが適切に変化しない事があったのを修正
  • 転送バイト数の単位表記をMByteまでとし、小数点以下一桁を整数表記に変更
  • Actionの応答内容の表示形式を少し変更
  • Actionがエラーとなった場合に表示されるダイアログの表示内容をErrorDescriptionのみに変更
Version 1.1.0.1
  • 長時間起動している場合に例外エラーが発生して落ちてしまう不具合を修正
  • ルータとの接続が切れた状態から復帰してもIGD Utilityが有効にならない場合があった不具合を修正
Version 1.1.0.2
  • ContextMenuの「元に戻す」と「終了」がVer1.1.0.1で正しく動作していなかった不具合を修正

Back


© 2006-2020 Bluesky
コンテンツの転載・再配布を禁止します。